【最新版】AGA改善医療紹介

シャンプーじゃ改善されないAGAのチェックテスト

育毛の基本は頭皮の環境を、整える事と言われています。
皮脂分泌の多い頭皮は、皮脂や汚れで毛穴が詰まってしまいがちです。
しっかりシャンプーで毛穴の中の、皮脂や汚れを落とす事で、頭皮の状態が良くなり健康な髪を育てる基礎ができます。

しかし、薄毛の原因によってはシャンプーでは改善されないケースもあるので、その点はしっかりと見極める必要があります。
AGA「男性型脱毛症」は、シャンプーなど頭皮ケアで薄毛が改善されない脱毛症の1つです。

AGAは男性ホルモンのジヒドロテストステロンが、毛根にある毛乳頭という髪を作る組織の働きを阻害する事で起こります。
AGAになってしまうと、ヘアサイクルが極端に短くなってしまい、成長期にある髪も抜けてしまうので、薄毛が進行してしまうのです。
男性ホルモンが要因で起こる脱毛症ですので、シャンプーで薄毛を止める事はできません。

薄毛が気になるという方は、自分がAGAになってないかどうか、テストでチェックしてみましょう。
テストには様々なチェック項目がありますが、まず生え際や頭頂部といった部分が、局所的に薄毛になっていないか調べます。
AGAは頭皮全体ではなく、生え際と頭頂部の髪が抜ける脱毛症です。
この部分だけが薄毛になっていかた、AGAかもしれません。

また、この脱毛症は遺伝性の高い事も知られているので、テストでは家族や親せきに薄毛の方がいないかという、質問もあります。
AGAは一気に髪が抜けていくのではなく、徐々に薄毛が進行していくので、この点もチェックしておきましょう。
健康な髪は自然に抜けると、毛根部分がマッチ棒のように黒い丸がついていますが、この脱毛症の場合は何もついていません。

このような点を調べる事で、どのくらいAGAの確率が高いかセルフチェックできるので、気になる方は調べてみましょう。