【最新版】AGA改善医療紹介

禿げや抜け毛のAGA治療について

最近、インターネットや雑誌、テレビの宣伝などでAGAという言葉をよく耳にします。AGAとは「男性型脱毛症」のことで思春期を過ぎた成人男性に多く見られる髪の毛が薄くなる状態の事を指します。特に頭頂部や額の生え際のどちらか一方、または双方に抜け毛が目立ったり、禿げて薄くなっていきます。一般的には男性ホルモンの影響や遺伝、過度のストレス、食生活が原因と言われており、脱毛症の90パーセントがAGAだと言われています。AGAの治療方法にはいろいろな方法がありますが、大きく2種類あります。内服薬、外用薬による治療と育毛剤などの成長因子を注射器などを用いて直接体内に注射して取り込む方法です。人によって効果は違いますが、DHTと呼ばれる強力な脱毛作用がある男性ホルモンによる抜け毛に対しては血行を良くするための服薬をいくら繰り返しても効果がありません。そのため、直接体内に育毛の成長因子を注射し、毛を強く太く育てるためのAGA治療を行う必要があります。
治療にはまず、専門知識をもった医者に診察をしてもらい、原因をしっかり見極め、それに見合った方法をとっていかなくてはなりません。
一般的に禿げ、抜け毛のAGA治療に関しては自由診療となり、保険適用が無いので、診察料や薬代はすべて自己負担になってきます。まずは治療の相場を知ってから病院選びをする必要があります。
ほとんどの場合、相場で1万円から1万5千円程度の治療費がかかってきます。またAGA治療薬は基本的に病院でしか手に入りません。最近、インターネットなどでプロペシアについては外国からの輸入品が個人で手に入れる事ができますが、副作用や偽物なども出回っているため病院で手に入れるほうが安全でしょう。
多くの男性が抜け毛や禿げについて悩んでいます。まずは医者に相談して、専門的な観点からAGA治療を受ける事をお勧めします。